ニュース一覧

定期的な点検

作業員

日常の管理

日本の住宅は木造住宅が多いため屋根からの漏水には注意が必要です。屋根を定期的に点検したうえで、必要に応じて屋根塗装を行うことが重要です。屋根塗装は一般的に10年くらいのスパンで行うことになっていますが、最近は屋根塗装の材料が改良されて、耐用年数の長いものが多くなっています。日本の住宅の屋根は各種の制限を受けて建設されているため急勾配となっているケースが散見されています。急勾配の場合には足場が必要となりますので、外壁塗装と同時に行うことによって費用を節減することが可能となります。屋根うえで作業をする場合には命綱を使用して作業をする必要がありますので、親綱の設置が必要になります。屋根塗装材を選択する際には耐用年数に加えて色の選択も重要です。従来は選択肢が限られておりましたので、汚れの目立たない色を使用することが一般的でした。最近は塗料を製造する技術の向上によって、色の選択肢が広がっておりますので、周辺との調和を優先して色を選択することが出来るようになっています。屋根施工の際には事前にコーキングの亀裂を確認することが重要でそのためには水洗いを行ったうえで目視での点検をする必要があります。以前は屋根にアンテナが乗ったりして設置部分から亀裂が生じるケースがありましたが、最近は太陽光パネルが乗っているケースが多くなっていますので、画題の設置場所は特に事前に確認する必要があります。切れる部分を補修したうえで塗装工事を行うことになります。

Copyright© 2018 屋根修理業者の選定法【修理の相場価格を把握しよう】 All Rights Reserved.