ニュース一覧

甘く見てはいけない雨樋

作業員

雨樋と一緒に屋根の確認

よく雨樋(あまどい)が壊れたまま放置している住宅を見かけることがありますが、これは早急に屋根修理してもらう方が良いでしょう。そもそも雨樋というのは、水の流れをスムーズにすることで建物(特に屋根)のダメージを最小限にするために設置されています。もしも、雨樋が壊れていたら、屋根の一部に水が溜まっている状態を作ってしまいかねません。そこから木材などが腐り雨漏りなどのトラブルに発展する可能性もあるわけです。この雨樋の修理も屋根修理の一部と考えられているため、そちらを専門にしている業者に依頼するのが良いでしょう。ただ、雨樋の耐性年数は15年から20年と言われています。つまり、雨樋が壊れていると言うことはそれくらいの年数が経っているという指標にもなるわけです。一方、屋根の耐性年数はというと素材によって違いはありますが、15年から30年ほどのものが一般的です。雨樋の耐性年数と非常に近いことがわかります。そのため、雨樋の屋根修理をするときは、業者に屋根全体の状態もチェックしてもらうのも良いでしょう。基本的に屋根修理は、瑕疵を見つけたらすぐに直すのが鉄則です。雨風に晒されている部分であるからこそ、小さなトラブルが徐々に広がっていき屋根全体・建物全体に悪影響を及ぼしてしまうこともあります。瑕疵が小さいうち発見して屋根修理しておけば、費用もほとんどかかりません。状況によっては、業者が雨樋の修理と一緒に直してくれることもあります。

Copyright© 2018 屋根修理業者の選定法【修理の相場価格を把握しよう】 All Rights Reserved.